高級な梅干し|プロも唸る味を堪能しよう|ワインに合うチーズをGETするべし

プロも唸る味を堪能しよう|ワインに合うチーズをGETするべし

女の人

高級な梅干し

梅

数ある梅干しの中でも一際人気のある南高梅は、明治時代に現在では和歌山県のみなと町にあたる旧上南部村に住んでいた高田貞楠氏が育てた梅が始まりで、その頃は高田梅と呼ばれていました。その後、1950年に戦後の農業復興が行われた際、梅の品種を統一する為「梅優良母樹種選定会」が発足され、5年程の歳月をかけて高田梅を含む数種類の梅が選ばれました。その中でも樹木の生育具合や梅の実の形や大きさなどを比べ最終的に高田梅が最優良品種に選ばれ、その時調査に深く関わったのが当時の南部高等学校の教諭と園芸科の学生であった事から、それを称えて南部の「南」と高田の「高」を合わせて「南高梅」と改名され、現代でもその人気が廃れる事無く多くの人に愛されています。

また、南高梅は2006年に正式に地域ブランドに認定され、日本国内だけでなく海外でも注目されています。直径が3cm程と他の梅に比べるとやや大きい南高梅ですが、その実は肉厚で柔らかく、実の大きさに比べ種が小さいのが特徴です。その為、非常に食べやすく、南高梅を漬けて作った梅干しは酸味と甘みのバランスが良く、口の中に入れると甘酸っぱい風味がふわっと香り、上品な味だといわれています。味だけでなく、南高梅は他の梅干しに比べ果皮が柔らかいので機械などで作ると潰れやすく、一つ一つ人が手作業で生産しているというのも高級品といわれる所以になっています。しかし、一度食べてみるとその味は高級品の名に恥じない程美味しいので贈答品としてもよく購入されています。